当前位置: 直视人生 > 品味人生 > 品味生活 > 查看文章

試される体育教師 生物深海

生物深海- ――深海のトップ・プレデターを追う研究者として大活躍していますが、そもそも藤原先生が、研究対象として深海を選んだ理由はどこにあるのでしょうか? 大学時代に「海洋研究会」というサークルに入りました。伊豆や沖縄などのさまざまな場所で素潜りを行い、そこで海の魅力にどっぷりとはまりました。その後、1993年にJAMSTECに就職しました。当初は「熱水噴出孔生物群集(海底温泉の周りに集まる生物群集)」や「鯨骨生物群集」(げいこつせいぶつぐんしゅう)の研究にたずさわっていました。 ――鯨骨生物群集? それはどのようなものですか? クジラが死んで海底に沈むと、その肉や骨を利用にするためにさまざまな生物が集まってきます。それを鯨骨生物群集とよびます。 浜にクジラの死体が打ち上げられると、自治体から研究機関に... See full list on jamstec.go.jp 鯨骨生物群集の研究では、相模湾や沖縄など、さまざまな場所にクジラの死体や骨を沈めました。すると沈めてまもなく、骨が持ち去られたり、大きな穴が開いたりすることが続いたんです。 そこで、沖縄の南西諸島海溝、水深500メートルの場所にクジラの骨を沈め、”骨泥棒”を特定しようとカメラを設置しました。 やってきたのはイタチザメという表層性のサメでした! 人食いザメと呼ばれるような獰猛なサメです。そんなに深い場所にまでえさを食べに来るとは想像していなかったので、非常に驚きました。 また別の航海では、相模湾の水深500メートルにクジラを沈め、直後に有人潜水調査船で観察に行くと、今度はカグラザメという深海性のサメが最初の一口を食べにやってきました。 このときに、実際に調査してみないと、その地域のトップ・プレ... See full list on jamstec.go.jp ――そもそも「トップ・プレデター」とよばれる、生態系・食物連鎖の頂点に立つ生物には、どのような役割があるのでしょうか? トップ・プレデターはその地域の生態系全体に大きな影響をおよぼしているといえます。 有名な例では、アメリカのイエローストーン国立公園が挙げられます。 1920年代に家畜を襲うなどの理由で、トップ・プレデターであるハイイロオオカミを駆除したところ、生態系が大きく変わりました。天敵がいなくなったせいでシカなどの草食動物たちが大繁殖して、植物を食べ尽くしてしまったのです。すると、生物の多様性や森の機能が失われ、川が氾濫したりするようになったのです。 このように、トップ・プレデターが生態系全体に大きな影響を与えることを『トップ・ダウン・コントロール』といいます。 結局、イエローストー... See full list on jamstec.go.jp ――深海のトップ・プレデターというと深海性のサメのイメージが強いのですが、水深2000メートルでは、サメではなく硬骨魚類が生態系の頂点に君臨するのですね? 一般的な魚類である硬骨魚類と、サメなどの軟骨魚類を比較すると、硬骨魚類のほうが深いところまで分布しています。 駿河湾で研究していても、水深1000メートルぐらいまではサメがトップ・プレデターなのですが、1500メートルを超えてくると急にサメ類が少なくなります。 2000メートルあたりでは、ヨコヅナイワシのような硬骨魚類がトップ・プレデターとなります。 ――なぜ硬骨魚類のほうが深くまで潜れるのでしょうか? 実は、明確な理由はわかっていないんです。深い場所に暮らす生き物は、生存競争の勝者ではなく、むしろ競争に負けた、あるいは競争を避けた生き物... See full list on jamstec.go.jp ――今回の調査のきっかけは何だったのでしょうか? 今回のヨコヅナイワシ撮影に至る研究活動の目的の一つは、沖合海底自然環境保全地域(沖合海洋保護区)に関する調査でした。沖合海洋保護区が指定されることになったそもそものきっかけは、2010年に愛知県で開催された「生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)」です。この会議では陸と海の生物多様性を守るために、さまざまな目標(愛知目標)が設定されました。その中の一つに、「2020年までに海域の10%以上を保護区にする」という目標があったのです。 2020年12月に環境省が4つの沖合海洋保護区を指定したことで、日本の海域の13.3%が保護区となり、この愛知目標は達成されました。 ところが保護区は指定されたものの大きな問題が残っていました。それはその海... See full list on jamstec.go.jp ――指定されている保護区でも、まだ調査をされていない地域はありますか? まったく何の調査もされていない、ということはないのですが十分な生態系調査はまだまだこれからです。日本の4つの沖合海洋保護区のうち、「西七島海嶺」と「中マリアナ海嶺・西マリアナ海嶺北部」の2つについては調査を開始しました。残る2つの沖合海洋保護区は、「伊豆・小笠原海溝」と「マリアナ海溝北部」です。 いずれも6000メートルを超える深さの海溝を含む海域であり、簡単には調査できませんので工夫が必要です。水深6500メートルまでは有人潜水調査船「しんかい6500」による調査が可能ですが、対象海域にはそれより深い場所も含まれています。 JAMSTECには1万1000メートルまで設置可能なフリーフォールカメラシステムもありますので、... See full list on jamstec.go.jp ――最後に、人類は深海についてどれだけ理解できていると藤原さんは感じているのでしょうか? そうですね。単純に数字を出すことは難しいのですが、私の感覚では、まだ1%もわかっていないのではないかと思っています。深海の中で人類が行ったことのある範囲は数%だという説もありますが、しっかりと調査・観測されている場所はもっと少ないと思いますし、それぞれの場所における生物の営みまで把握できているかといえば、まるでわかっていないといえるでしょう。 駿河湾でヨコヅナイワシが見つかったように、すでに人類が到達済みと思われている場所でもまだまだ新種は見つかります。それに私たちに見えている範囲の外、たとえば海底の堆積物の中にもさまざまな生き物が隠れています。どれくらいわかっていないのか、それすらまったく想像がつきま... See full list on jamstec.go.jp oceandecade.org › zh › news推进深海分类学--海洋十年oceandecade.org › zh › news CachedSep 21, 2021 · 深海(通常被认为是 200 米以下的海域)是地球上最大、最多样化的生态系统之一。. 我们对深海的了解与日俱增,尤其是最近人们对深海海底资源的兴趣与日俱增。. 虽然深海环境异常恶劣,压力极大,没有阳光,但最近的研究表明,深海中的生命还是非常丰富 ... natgeo.nikkeibp.co.jp › atcl › news水深7千mの超深海魚、驚くべき体の秘密を解明 | ナショナル ジオグラフィック日本版サイトnatgeo.nikkeibp.co.jp › atcl › news CachedApr 18, 2019 · マリアナ海溝の水深7000メートルの海に暮らす「超深海魚」は、なぜこんな極限環境で生きていられるのか? 遺伝子や体の構造からその秘密に迫った。 12345Next SettingsHelpSuggestionsTermsPrivacyPrivacy DashboardAdvertiseAbout adsAbout this pagePowered by Bing™ 「超深海」 世界“最深”の魚|NHKApr 12, 2023 · 水深6000メートルを超える海溝の内部は「超深海」と呼ばれ、日本の有人深海調査船「しんかい6500」でも、わずかな領域しか探査できない。 The Deep Sea - Neal.fun The Orange Roughy can live up to 200 years. Deep sea life often have elongated life spans. Meals are rare in the deep sea. Deep sea creatures have adapted to this - one Giant Isopod in captivity went five years without eating. 深海とは - 国際海洋環境情報センター(GODAC:ゴーダック) 国際海洋環境情報センターgodacはjamstecが保有する深海映像や海洋データを公開しています。館内は見学も可能。海に関するイベントも開催!深海生物、熱水噴出など未知なる深海の世界をのぞいてみよう! 認識地球「內太空」,10種神秘深海生物大解密! - Greenpeace 綠色和平 | 臺灣 認識地球「內太空」,10種神秘深海生物大解密!. 作者: Greenpeace 綠色和平. 「黑暗、寒冷、高壓」是深海地區獨有的環境特色,如此嚴峻的環境條件令人難以一探究竟地球「內太空」的神奇奧秘。. 而居住於此的深海魚、蝦等多樣物種,為了能在高難度的環境 ... 深海生態系の99%以上は謎なんです!~深海生態系の謎に挑む vol.2~|JAMSTEC BASE ――深海のトップ・プレデターを追う研究者として大活躍していますが、そもそも藤原先生が、研究対象として深海を選んだ理由はどこにあるのでしょうか? 大学時代に「海洋研究会」というサークルに入りました。伊豆や沖縄などのさまざまな場所で素潜りを行い、そこで海の魅力にどっぷりとはまりました。その後、1993年にJAMSTECに就職しました。当初は「熱水噴出孔生物群集(海底温泉の周りに集まる生物群集)」や「鯨骨生物群集」(げいこつせいぶつぐんしゅう)の研究にたずさわっていました。 ――鯨骨生物群集? それはどのようなものですか? クジラが死んで海底に沈むと、その肉や骨を利用にするためにさまざまな生物が集まってきます。それを鯨骨生物群集とよびます。 浜にクジラの死体が打ち上げられると、自治体から研究機関に... 推进深海分类学--海洋十年Sep 21, 2021 · 深海(通常被认为是 200 米以下的海域)是地球上最大、最多样化的生态系统之一。. 我们对深海的了解与日俱增,尤其是最近人们对深海海底资源的兴趣与日俱增。. 虽然深海环境异常恶劣,压力极大,没有阳光,但最近的研究表明,深海中的生命还是非常丰富 ... 水深7千mの超深海魚、驚くべき体の秘密を解明 | ナショナル ジオグラフィック日本版サイトApr 18, 2019 · マリアナ海溝の水深7000メートルの海に暮らす「超深海魚」は、なぜこんな極限環境で生きていられるのか? 遺伝子や体の構造からその秘密に迫った。 -太鼓判と人間関係-
关于本文
  • 属于カテゴリ: 品味生活
  • 本文タブ: , , ,
  • 本文编辑:董事局主席
  • 流行热度:超过 510 次围观
  • 生产日期:2024-06-19 — 下午 1:50
  • 関連記事